キャッシングの仕組み

メインメニュー
サブメニュー
 

キャッシングとは

キャッシング(cashing)とは融資、つまり現金を貸し出すことです。銀行、信販会社、消費者金融などの金融機関から一時的に借り入れをすることを一般的にキャッシングと言っています。ローンは分割や、複数回に分けて返済をしますが、キャッシングの場合、基本的には翌月に一括で返済をします。返済が指定の期日に間に合わなかった場合、遅延金が発生します。そして借り入れ時よりも高い金利を支払わなくてはいけなくなるばかりか、金融機関の信用を失い、その後のキャッシング利用がしづらくなることになります。借りる際は、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの身分証明書が必要になります。

そのほかに住民票や収入証明書が必要な場合もあります。電話やインターネットで申し込みができるものもありますが、その場合は後日それらの書類の提出が必要です。最初にキャッシングカードもしくはローンカードを金融機関で一定の審査に基づいて発行してもらいます。

以前は借用書などに記入が必要でしたが、今は無人機(ATM)のみで手続きが可能な場合もあります。審査内容は収入があるか、返済能力があるのか、年齢、他社からの借り入れ状況などを調査します。審査の基準はキャッシング先によって異なります。一般に銀行、信販会社、消費者金融の順に厳しく、またその順に金利も安くなっています。また金利は、長い期間、高額なお金を借りるほど低くなる傾向にあります。審査に通れば、店頭・ATM・銀行振り込みなどの方法で融資可能額まで借り入れをすることができます。

キャッシングの問題点

社団法人日本クレジット協会の「クレジットカード発行枚数調査結果」によると、平成24年3月末の発行枚数(社数346社)は、約3億2,000万枚で、日本国民(成人)1人当たりおよそ3枚程所有し、5人に1人の人がキ・・・
詳細はこちら

上手な使い方

金融機関によっては、無利息期間を設定しているところもあります。無利息期間に返済すれば、借り入れた金額のみの返済ですみますので、リスクはありません。ネットでの申し込みも可能で、申・・・
詳細はこちら
Copyright ©2014 キャッシングの仕組み All Rights Reserved